社会不適合休学系大学生のブログ

イトウワタルです。休学してセブ島留学や西日本ヒッチハイク縦断、インド一人旅を経験。ゆるりと眺めてみてね。

【つぶやき】プログラミングはスポーツより手堅いよね

www.businessinsider.jp

 

どうもShoです。

昨日読んだ記事が面白かったなぁ。

 

要は、年収や平均寿命を考慮に入れて、スポーツ選手よりもエンジニアの方が安定してるということです。

具体的な数値を出してるだけあって、非常に分かりやすい記事です。

 

そりゃそうなんですよねぇ。

AIやロボットの台頭なんて耳にタコができるほど聞いてますし、オバマ大統領も「プログラミングができれば、この先仕事に困らないことを保障しよう。」なんて言ってましたし。

たしかにアメリカでは、エンジニアが増えすぎて、賃金が低下、結局スーパーのレジ打ちに戻った、なんて聞きます。

が、日本ではまだまだ供給不足なんですよね。

IT系はブラックばかりなんて言われますが、待遇は良くなってくだろうし、それが嫌ならフリーランスでやってけばいいんじゃないですか?

 

まあそれこそ技術の発展で、労働集約型の単純労働はどんどん代替されていきます。

人間の仕事の半数はロボットがやることになると予測されていますし。

そう悲観的になることでもないんですけどねー。

人間はよりクリエイティブな仕事に時間と人員を割けるようになるので。

「遊びが仕事になる」ってやつです。

実際、人狼が仕事になってたり、ゲームで稼いだり、Youtuberが一般化してたりしてますもんねぇ。

 

ただ言えることは、プログラミングは手堅いですよw

需要はなくなりませんし、やってみるとそこまで激ムズでもないし。

エンジニア職にならなくても、学習の過程で身につく論理的思考は大切。

日常生活において、「これはムダなんじゃないか?」とか思うようになります。

そうやって常識を疑うことが、より便利な世の中に繋がります。

 

つまりなにが言いたいかというと、

これから先5年、10年はITを学んでおけば食っていけるだろうということ。

全然関係ない仕事の人も、一般教養として学ぶ時代ですからねぇ。

興味があったら、一ヶ月くらいスクールに通うのもありかと思います。

 

 

 

あとがき:

プログラマーはわりと手堅いよねぇ。

”安定”なんて言葉嫌いだけど、もし”安定”が欲しいのならありです。