読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合休学系大学生のブログ

イトウワタルです。休学してセブ島留学や西日本ヒッチハイク縦断、インド一人旅を経験。ゆるりと眺めてみてね。

翻訳技術で英語学習がムダになる時代

考え ニュース

どうもShoです。

まずはこいつをご覧ください。

 

gunosy.com

 

最近は翻訳技術の発達が目まぐるしいですよね。

ぼくもTwitterでこう呟きました。

 

 

そうなんです、まさにドラえもん”ほんやくコンニャクなんです。

”瞬間翻訳”なんてドラえもんの世界ですよ笑

今はまだ一般の多くの人たち(情報感度の低い人たち)にこの事実は行き渡っていないでしょうけど、一部導入も始まっています。

近い将来、皆が”瞬間翻訳機”を使っているでしょうねー。

 

そうなると!

外国語を話せる強みメリットが薄れてきます。

ぼく自身英語学習に励んでいた時期があるので、外国語を学習することによって見える世界が広がる!新しい考え方ができるようになる!コミュニケーションがうまくいくと感動する!というメリットは理解できます。

プライベートな付き合いにおいても、しっかりと共通の言語で、いかなるデバイスに頼らず会話した方が良いのかもしれません。

しかし、ことビジネスの場、たとえば会議の場などにおいて”瞬間翻訳”は確実に重宝されます。

ビジネスの世界では、”外国語による意思疎通”はあくまで手段、

一番大事なのは”伝えたい内容”なのですから。

 

というわけで、TOEICのための英語学習、ビジネスのための英語学習なんかはムダになる将来は来ます。

Googleのリアルタイム翻訳の技術も話題ですよね~。

 

gunosy.com

 

精度に関しては見直すべき部分多しですが、昔と比べて大分マシになってきています。なんとか意味は理解できるレベル。

 

結論として、

英語学習者、英語学習自体をDisっているわけではありません。

いつの日か、近い将来"英語学習がムダになる時代が来る”という事実を、より多くの人に知ってもらいたいのです。

ぼくとしても、より広い視野を持つための”国語学習”は大賛成です。

趣味だから!楽しいから!女の子とイチャイチャしたいから!なんて動機もいいですねぇ。

けれど、ビジネスのため!とか、英語を使って仕事がしたいから!という動機を持ってる人は、少し立ち止まってください。

本当に世の中のニーズを理解していますか?

世の中の動きについていけてますか?

そんな人たちには、”英語学習”よりも”情報収集”を始める方が得策。

そのうえで、英語学習を継続するか、違う分野のスキルをつけるかはあなた次第です。

まずはこういったテクノロジーの発達を知った上で、選び取ってほしいのです。

 

翻訳技術の発達で、(ビジネスの場において)”英語学習がムダになる時代”は到来しつつあります。

情報感度を高めるなり、タイムマネジメントを見直すなり、有限である時間をムダにしないようにしましょうね~。

 

ではまた。