読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合休学系大学生のブログ

イトウワタルです。休学してセブ島留学や西日本ヒッチハイク縦断、インド一人旅を経験。ゆるりと眺めてみてね。

インドは人生が変わる国なんかじゃない!

 

インドに行けば人生が変わる説

 

f:id:sho0621:20170131203207j:plain

 

ごきげんようShoです。

今はコルカタの日本人宿サンタナでくつろぎながら記事を書いています。

長かったようで短かったインド一人旅も明日で終わり、今日と明日は旅の思い出を振り返りながらゆっくり過ごそうかと。

さて、今回のテーマは、3週間弱この国を旅して気付いた”インドは人生が変わる国なんかじゃない!”という事についてです。

 

行けば人生観や価値観が変わると言われているインド

 

旅に出る前にインドの治安や観光名所などの情報収集をしていた時、

”インドに行けば人生観が変わる!”とか

”インドは価値観の変わる国!”とか言われている事を知りました。

その点も踏まえて、今回旅に出た部分もあります。

 

路上を闊歩する牛、

 

f:id:sho0621:20170131204244j:plain

 

鳴りやまぬクラクションの音、

 

f:id:sho0621:20170131204419j:plain

 

騙して来たり、そこら中で寝たりと自由な人々、

 

f:id:sho0621:20170131204553j:plain

 

日本に住んでいる以上、想像もできない光景が日常となっている国です。

”面白くない訳がない!こんな刺激的な国に行けば、何か得られるモノがあるだろう。もしかしたら人生観が変わるかも!?”

なんて当初は思っていました。

こうしてLCCに飛び乗りインドの首都ニューデリーへと向かったのです。

 


価値観なんて大して変わらなかった、でも・・・

 

f:id:sho0621:20170131213358j:plain

 

そしてデリー、アグラ、バラナシ、ブッダガヤ、コルカタという順番で、北インドの5大都市を一人で放浪してきました。

初日からインド人の社長の家にアポなしで泊まったり、詐欺師にチャイを奢ってもらったり、お寺の宿坊で二日間過ごしたり。

日本ではする事の出来ないような、旅ならではの経験を沢山しました!

 

ですが、自分自身が変わったとは全く思いません。

勿論、人生観や価値観も。

 

大半の人にとっては、インドに行ったからといって急に人生が変わったり、旅が人生の転機になる事はないでしょう。

刺激的な経験は沢山出来ますけど笑

 

インドは決して”人生が変わる国”じゃありません。

そもそも、ぼくにしたって20年間生きているんですから、たった3週間で人生が変わってたまるかとも思いますしw

けれど、旅中のある日の事。

一日中重いバックパックを背負って歩き回り、とびきり辛いカレーを食べて、冷たいシャワーを浴び、ドミトリーの簡素なベッドに横たわった時、ある事を思いました。

この常識の通用しない国インドがどんな国であるのか、頭の中で突然気付いたのです。

 


インドは今後の人生を変えるチャンスをくれる国だった

 

f:id:sho0621:20170131213347j:plain

 

これが一番しっくりきます。

 

旅をする中で、多くのハプニングが発生しました。

夜行列車の9時間遅延や詐欺師にぼったくられそうになったり、大麻を買わされそうになったり。

そんな事が毎日起こり、帰っても水しか出ないシャワーと硬いベッドで疲れが溜まる一方、心身共にボロボロの時もありました。

まさに極限状態の中、日々を過ごしていました。デリーにいる時は、かなり情緒不安定だったかもw

けれど、そんな時にこそ”本当の自分”が出てくるのです。

極度に疲弊していても他人を気遣えるか、自分の事だけで精一杯になっていないか。

なんでもない日常の中でも、露店で売られている不衛生な食べ物は食べれるか、トイレの時素手で尻を拭けるか、ガンジス川に飛び込めるか。

インドに行って、本当の自分と向き合い、自分を確認する事が出来ました。

改めて、”自分ってこんな奴だったのか!”と知る事が出来ました。

 

また、先ほど挙げたような常識外れの光景が常に広がっています。

バラナシやガヤでは沢山の乞食も目にしました。

腕や足の太さがぼくの半分ほどしかない事に驚愕しました。

 

そしてなにより、インドには世界中から多様なバックグラウンドや考え方を持った人が集まります。

日中一緒に行動したり、夜ゲストハウスで酒を片手に語り合ったりもしました。

日本人でも、70歳のおじいちゃんだけど世界150ヵ国旅した事がある人や、世界一周中のカップル、ワーキングホリデー2ヵ国経験者など、まさに常識にとらわれないような人たちが沢山!

彼らと話す事が出来、とても貴重な経験となりました。

 

これら全部を含めて言える事とはなにか。

インドに行ったからといって、すぐに人生は変わりません。

でも、例えば世界一周をしている人と実際に話して、1年後には世界一周する事になるかもしれません。来月にはワーホリに行くかもしれないです。

結局個人次第なのです。投げやり感あるけど笑。

けれど、”インド”という国は、これからの人生を変えるためのチャンス(自分自身や人やモノとの出会い)を絶対にくれます。それを生かすも殺すも行く人次第です!

 


ぼくはこの旅をどう生かすのか

 

f:id:sho0621:20170131213713j:plain

 

2/2に晴れて帰国します。何度も言っている通りですが。

”常識通用のしない国で常識の通用しない人間になる”というのが今回の旅のテーマではありましたが、それが達成出来たとは全く思えません笑。

けれど少なくとも、常識外れに対しておおらかになれた気がします。

旅をするなら、寛容さと許す心がないとやっていけませんからね。

こうして得たモノがぼくの人生にどういった形で役立つのか、この旅に何の意味があったのか、現段階では分かりません。

そういった意味では、インドが与えてくれたチャンスを無駄にしてしまうのかなぁw

でもいつの日か、この国に来て良かったと思う時が来るのでしょう。ぼくはそう信じています。具体的には全く分かりませんが(何度目やねん)

 


悩んでいる人、人生の岐路に立っている人へ

f:id:sho0621:20170131220059j:plain

 

是非ともインドに行ってみてください笑

自分を確認するという意味でも、何かを得るためにも行く価値は大いにあります。

特に人生に悩んでいる人!何か得られるモノ、感じるモノがあるはずですので、欲しい人はインドに行く事を強くおすすめします!