読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合休学系大学生のブログ

イトウワタルです。休学してセブ島留学や西日本ヒッチハイク縦断、インド一人旅を経験。ゆるりと眺めてみてね。

チャレンジにお金は不可欠じゃない。お金を理由にしている限りあなたは変われない

 

ふと感じた違和感

 

最近は、旧友たちと久しぶりに会う機会が多くありました。

ぼくが色々なチャレンジをしていることから、話しかけてくれた人が沢山いて、嬉しさと共に、もっと挑戦したい!と強く感じました。

けれど、そこで特に印象的だったのはこんな類の質問や意見。

 

「お金はどうしてるの?自費?それとも親?」

「おれはお金ないから留学とか旅できないわー。」

 

正直理解が出来ませんでした。そこには強い違和感がありました。

なぜ皆お金ばかりに目が行くのか?

今もなお、腑に落ちていない自分がいます。

 


 

言い訳にしてない?

 

お金は財やサービスを得るために必須です。それは当たり前。

ことチャレンジ(旅、留学、インターンなど)においても、多く必要になる場合があります。でも、それは必ず必要というわけではないのです。

 

例えば、海外旅行がしたいとします。物価が上がりつつはありますが、東南アジア諸国やインド、南米なら比較的安価に旅ができます。一日1,000円の出費で生活することも可能です。

 

他の例を挙げます。留学に行きたいケースを考えましょう。欧米諸国での一年間留学と仮定すると、最低でも150万円はするでしょう。アルバイトで稼げない額ではないですが、大学生にとってはかなり大きいです。

ですが、留学の主な目的は”言語習得”にあるので、他の選択肢が考えられます。ワーキングホリデーとかインターンシップとか。働かなければならないけれど、海外で長期間暮らすことは実際できるし、より実践的にその外国語を学ぶことができます。

費用に関しても、通常の留学と比べて、遥かにリーズナブルに、貴重な経験ができるのです。

 

ぼくは先ほど挙げたような質問をしてきた彼らに、声を大にして問いたい。

 

お金を言い訳にしていない?

  他の選択肢を少しでも考えた?」

 

人間はしばしば、なにかをするとき、都合の良い言い訳を用意する傾向にあります。

なんらかの理由から、やりたくないだけなんですけどね。

やったことないから怖いとか、リスクを取りたくないからとか。

 


お金に対する価値観の問題

 

そして、そういう人たちに限って、普段飲み会でお金を浪費している印象。

一回4,000円とか払ってね。

日常生活におけるムダな出費を資金に回せば足りるかもしれない!と考えることはないんですよね。面白いことに。

 

チャレンジとか英語学習だとか言う前に、お金の勉強をした方がいいです。節約術でもいいし、お金に対する考えを改めてみてもいいので。

そうすると、面白いくらいに見える世界や考え方が変わってきます。

 

どうしてもやりたいことがあったなら、全力で成し遂げようとするモノです。ムダを省くなり、他のプランを考案するなりして。

 

基本的に、お金の問題であるように見えて、勇気とかお金の価値観とか他の部分に問題があります。

 


まずは行動しよう!

 

リスクを取らなければ、レールから外れなければ、勇気を出さなければ手に入らないモノは沢山あります。それらは総じて魅力的です。

留学したいなぁとか、海外旅行したいなぁとか漠然と思ったのなら、絶対に行くべきです。それがあなたのやりたいことなんですよ、たとえ小さくても短期的でも。

やりたいことが終わったら、また次のやりたいことが出てくる、その積み重ねです。

思い立ったら、すぐに行動!問題があるなら、頭を使って解決!そこにムダな言い訳は必要ないです。

 

 

追記:

やりたいことがないとか、なにをすればいいとか言っている大学生は沢山います。もっとシンプルに考えようよ!と、常日頃思っています。もっと自分の欲に素直になればいいのに。世間体とかしがらみとか気にしちゃうんだろうなぁ。加えて都合の良い言い訳や同調圧力が身動きを取りづらくさせる。そんなモノ全部無視しようよ・・。

実に、思いを伝えるのは難しい。