読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合休学系大学生のブログ

イトウワタルです。休学してセブ島留学や西日本ヒッチハイク縦断、インド一人旅を経験。ゆるりと眺めてみてね。

どうして休学経験者は面白い人が多いのだろうか

 

休学経験者はなぜ面白い?

 

 

どうもShoです。

 

 

"休学"をしてから、他の休学経験者の存在を知る機会がたくさんあります。

ぼくも執筆予定なので、休学経験者の共同ブログであるこちらを覗いてみてください。

 

kyukatsu.com

 

何と言っても、休学経験者は総じて面白い。人として魅力的だと感じます。

世界一周をした人もいれば、辺境の地でボランティア活動をしていた人もいて、その一つ一つがめちゃくちゃ興味深いのです。

 

ぼく自身も、少しづつだけど「君って面白いねー!」なんて言われる機会が増えてきました。

けれど、「休学いいなー。」とか「俺も休学してみようかな?」なんて言葉にはいつも違和感を感じます。

 

少なくともそんなことを言っている人たちは、面白い人にはならないでしょう。

何故ならば、”悩んで、苦しんで、考え抜いた決断”ではないからです。

 

では、上記の人たちと違って、なぜ休学経験者は面白い人が多いのでしょう。

 

 


 

自分自身で選んだ道だから

 

f:id:sho0621:20170214153824j:plain

 

休学経験者も普通の学生です。特別でもなんでもありません。

選択肢の一つとして”休学”を選んだにすぎないのです。

ですが、”休学”は一般的なモノではなく、そこに到るまでに沢山考えて、悩んで、勇気を振り絞る必要があります。

そのプロセスの中で、既存の共同体から抜け出し孤軍奮闘で人生を突き進むことで、人として成長するのではないでしょうか。

 

 


 

退路を一時的に断つから

 

f:id:sho0621:20170214153840j:plain

 

一度休学届けを出すと、最低でも半年間大学に戻ることはできません。

いわば、今まで無意識に走ってきた社会のレールから一旦外れることになります。

晴れて自由な、真っ白な時間を手にするわけですが、無駄にダラダラと過ごす人はあまりいません。(それはそれで貴重な経験ですけど)

「休学までしたんだから、何かしなくては!」という一種の強迫観念が働き、結果的に何かしらのアクションを起こすわけです。

その行動の一つ一つが、周りの目には魅力的に映るのでしょう。

 

 


 

知っている世界が広いから

 

f:id:sho0621:20170214153923j:plain

 

ぼく自身休学経験者であるけれど、何も休学経験者だけが面白いと言いたいわけではありません。

普通に大学を4年で卒業する人にも、中退をする人にも、そもそも大学に行かない人にも魅力的な人はいっぱいいます。

彼らの共通点は、”知っている世界が広い”ということ。

日本では「良い大学に行って、良い会社に入って、老後は安泰」というのがの幸せと言われています。(そんな架空の幸せ像は崩れつつありますけど)

旅に出れば、海外に行けば、沢山の人と話せば、そんなことはないとすぐに気付くんですよね。

生き方だって、仕事だって、幸せだって、実に多様な形を取るんです。

それに、人によって適正や向き不向きがありますし。

けれど、そのことを知っていて、肌で実感していて、それに対して寛容的な人たちは本当に面白い。

案外一度話したり、雰囲気から察したりするだけで伝わるものです。

 

 


 

”休学”に興味がある人へ

 

f:id:sho0621:20170214153941j:plain

 

”休学”は普通の選択肢ではありません。

周りに休学経験者がいて、初めて存在を知った人も多いかと思います。

だからといって、「じゃあ俺も休学してみよ!就活に有利かもしれないし!」みたいに軽く考えてる人は気をつけてください。

”休学”はそれ自体だけでなく、そこに至るまでの悩み、苦しみ、自分の意志で決断したというプロセスも含めて意味があるのです。

一つの選択肢として持つべきですが、

「なぜ休学したいのか?」

「休学をして何をしたいのか?」

「休学をして何を得たいのか?」

この辺りだけは明らかにしてみてください。

無計画でも、目的意識と強い意志があれば、必ずプラスな行動になるはずですから。

なので、もし”休学”に興味があるならば、改めて頭の中で整理してみてはいかがですか?

それでも決意は固かったら、あとは後悔のないよう、全力で休活しましょう!

 

 


 

あとがき:

凄いことをしてるように見えても、面白いことをしてるように見えても皆人間なのです。

ぼくだって、今朝は寝坊して行く予定だった場所に行かなかったですし笑

だから誰にだってできるんです。誰だって面白くなれるんです。

大事なのは、きっかけとほんの少しの勇気。

それがまた難しいんだけどね。

ではまた!

 

 

【旅行記】インド三週間一人旅その3〜小汚いニューデリーの街を散策の巻〜

 

おはようございます、Shoです。

今日もじゃんじゃん行きます。

写真いっぱい貼りますよー。

 

前回の記事。

itodesu0621.hatenablog.com

 

今日は特に予定がないので、ニューデリーの街を散策します。

の前に、まずは宿で朝食。

宿代に朝食が含まれてます。

完全に日本語。本当にここはインドか?

f:id:sho0621:20170212094406j:plain

 

 

 

薄い食パン4枚、野菜スープ、チャーイ。

スープが体に沁みた。

これから3日間、毎日同じメニューとはいざ知らず。

f:id:sho0621:20170212094803j:plain

 

 

 

ふと外に目をやると、こんな感じでした。

小道の脇に宿はあるので、現地人の生活が垣間見れていい感じ。

さあ、町歩きへと向かいます。

f:id:sho0621:20170212094433j:plain

 

 

 

宿から隣接する小道へと出ます。

あまり綺麗じゃないねー。

f:id:sho0621:20170212095200j:plain

 

 

 

少し大きめの通り。

f:id:sho0621:20170212095233j:plain

 

 

 

1分くらい歩くと、大広場。

屋上レストランがあります。

f:id:sho0621:20170212095359j:plain

 

 

 

ホテルが密集してるエリア。

どこもそうなんですけど。

ここから順不同で写真を貼っていきます。

f:id:sho0621:20170212100007j:plain

 

 

 

駅前。

f:id:sho0621:20170212100851j:plain 

 

 

 

怪しげな観光会社が立ち並んでます。

この辺りは、ぼったくりが多発してるとのこと。

f:id:sho0621:20170212095752j:plain

 

 

 

駅前の大衆食堂。

「No picture!」って言われました。

f:id:sho0621:20170212100911j:plain

 

 

 

旅人に腹痛をもたらす悪魔の果実。

f:id:sho0621:20170212095813j:plain

 

 

 

別の大通りです。

ここは交通量多し。

f:id:sho0621:20170212095850j:plain

 

 

 

目の前をラクダみたいな牛が通りました。

ブラックな労働環境ですな。

f:id:sho0621:20170212095907j:plain

 

 

 

「勤務中」

嘘つけ。

f:id:sho0621:20170212100849j:plain

 

 

 

世界のマクドナルド。

ベジタリアンメニューがあります。肉も基本は鳥のみ。

後ほど、コルカタで「マハラジャ・バーガー」を食べることになります。

f:id:sho0621:20170212100040j:plain

 

 

 

全部ピーナッツ。

採算取れるんかいな。

f:id:sho0621:20170212100218j:plain

 

 

 

パチモンだらけの露店。

f:id:sho0621:20170212095939j:plain

 

 

 

優しいスパイス屋の夫妻。

チャーイを奢ってもらいました。

この辺りで詐欺師に遭遇。

彼の営む服屋の前まで連れてかれましたが、そこで「騙されてる!」と気づき、なんとかぼったくられずに済みました。危ない危ない。

f:id:sho0621:20170212095925j:plain

 

 

 

昼飯は宿で「マサラ・ラーメン」。100Rs(170円)でした。

辛いし、粉っぽくて全然うまくない。

f:id:sho0621:20170212094816j:plain

 

 

コカ・コーラ

味は日本のやつとちょっと違って薄いです。

600mlで40Rs(70円くらい)。

f:id:sho0621:20170212104822j:plain

 

 

町歩き再開。

両替所で5万円替えます。27000Rsでした。

昨日よりは良いレートだけど、受け取ったのは2000Rs紙幣のみ。

これじゃ大衆向けの店で使えないので、しばらく待ってお金を崩してもらいました。

インドを旅すると、この2000Rs紙幣が厄介。

f:id:sho0621:20170212100846j:plain

 

 

 

犬様。

こっち見んな。

f:id:sho0621:20170212095805j:plain

 

 

 

いやこっち見んな。

f:id:sho0621:20170212095830j:plain

 

 

 

キリスト教徒の墓地です。

インドは宗教のるつぼでもあるんだなー。

f:id:sho0621:20170212100025j:plain

 

 

 

ちょいと怪しげな小道。

女一人でも危ないかも。

f:id:sho0621:20170212100216j:plain

 

 

 

なんの仕事かな。

ガーデニング

f:id:sho0621:20170212100848j:plain

 

 

 

造りが簡素すぎて、下を通るのが怖かった。

f:id:sho0621:20170212100850j:plain

 

 

 

さて、すっかり日が暮れました。

夕食は昨日のレストランで取ります。

あまりお腹が空いていない旨を店員に伝えると、チャパティだけを運んできました。

なぜかジャムが塗ってあります。

これだけ食べてもまずいので、適当にカレーを注文。

f:id:sho0621:20170212104715j:plain

 

 

 

店内から見える景色がわりと好きです。

水20Rs(34円)を飲みながら待ちます。

f:id:sho0621:20170212104748j:plain

 

 

 

カレーとチャパティ(二枚め)が運ばれてきました。

なんとか食べきります。

合計で150Rs(255円)くらい。

外国人向け価格なので、明日はローカルの食堂へ行くことを決めました。

中々辛かったので、チャーイでも飲んで帰ります。

f:id:sho0621:20170212104806j:plain

 

 

 

チャーイを作ってます。

f:id:sho0621:20170212104842j:plain

 

 

 

あまり衛生的ではないですね。

f:id:sho0621:20170212104900j:plain

 

 

 

一杯10Rs(17円)。

スパイスが生姜みたいな味わい。

めちゃくちゃ甘いけどクセになります。

f:id:sho0621:20170212104914j:plain

 

 

 

目の前は公衆便所。

風情があります。

f:id:sho0621:20170212105012j:plain

 

 

 

その隣はスラム?への入り口。

もうなんでもいいやw

f:id:sho0621:20170212105033j:plain

 

 

 

20時くらいだけど、人通りも多いし明るいので、危ない感じは全くしません。

ここでフードを深くかぶってチャーイを飲んでいると、人にジロジロ見られることがないので、現地に溶け込んだような気になりました。

ただの怪しいやつですけど笑

 

f:id:sho0621:20170212105049j:plain

 

 

 

そんな感じで宿へと帰ります。

今日は一日中歩いて写真を撮っていました。

かなり充実した一日。

明日は宿で出会った他の旅人たちと一緒に少しブラブラして、明後日にはデリーを出ます。

 

次回へ続く!

 

【旅行記】インド三週間一人旅その2〜日本人宿を拠点にするの巻〜

 

 

 

こんにちはShoです。

さあ今回も張り切っていきましょう。

とは言っても、初めの方は疲労と焦りで気が動転していて、写真撮り忘れてるんですがw

 

 

 

こちらは前回の記事です。

itodesu0621.hatenablog.com

 

 

 

それでは書いていきます。

 

 

 

朝9時ごろに叩き起こされました。

貴重品を体に巻きつけて、気を張って寝ていたので、眠りはメチャクチャ浅い。

寝ぼけながらも、彼のルームメイトの話を聞きました。

曰く、「もう9時だからオフィスに行かなければならない」とのこと。

家でゆっくりしててもいいらしいのですが、早くニューデリー市内に入りたかったので、一緒に外へ出ることに。

てか、朝早く起きて気づいたけど、どういう趣味やねんこの部屋。こわ。

f:id:sho0621:20170210113856j:plain

 

 

 

グルガオンの街を歩きます。

どうやらタクシーでニューデリーへ向かった方がいいらしいけど、昨日の夜両替するのを忘れたので(忘れてばっかり)、両替所を探します。

そして、彼はオフィスへと向かいました。お務めご苦労様です!

 

 

 

とは言っても観光客は皆無。

両替所は日本円を取り扱ってないし、ATMは不具合を起こすし、散々でした。

こうして初めて訪れる街を彷徨うこと2時間・・・。

やっとの思いで両替に成功!とりあえず一万円だけ。

5000Rsを入手。レートはクソだがしょうがない。

流しのタクシーを捕まえ、12頃にニューデリーへと向かいます。

 

 

 

乗ること30分、コンノートプレースへと到着。

少し歩いてニューデリーの街へ入ります。

空腹に耐えきれず、すぐに食堂へ。

やっと一息つけました。インドっぽいねー。

f:id:sho0621:20170210114812j:plain

 

 

 

早速店員さんオススメの「チキン・カラヒ」と「チャパティ」を注文。

200Rs(340円)くらいだったかな。

f:id:sho0621:20170210115330j:plain

 

メチャクチャ辛いし、量も多いのでお腹いっぱい。

少し残してしまったんですけど、目の前で乞食のおばあちゃんがぼくを見つめていました。

けれど、何もできなかった。

あげるか、あげるべきかわからなかったのです。

”自分を試されている”、そんな感じがしました。

その後、日本人宿サンタナ・デリー支店」へと向かいます。

 

 

難なく見つけました。ドミトリー400Rs(680円)でした。朝食込み。

三人部屋の清潔なベッド。マットレスは固いけど。

f:id:sho0621:20170210115739j:plain

 

 

 

トイレも綺麗。

f:id:sho0621:20170210115752j:plain

 

 

 

 

どことなく悲壮感の漂うシャワー。冷水しか出ない。

f:id:sho0621:20170210115800j:plain

 

 

 

共同スペースも快適でした。夜遅くまで騒がれるのは困ったけど。

f:id:sho0621:20170211154628j:plain

 

 

 

Wi-Fiも割と安定しているので、初めてインドを旅する人にはおすすめです!

他の客も9割日本人なので、安心して滞在できますので。

夜はみんなで談笑できますしねー。ぼくは参加してないけどw

寝不足だったので、しばらくお昼寝。

起きると夕方、話に聞くとここでご飯を食べることができるそう。

スタッフさんオススメの「唐揚げマリネ」を注文。

こちらは150Rs(255円)くらい。美味いし、量も多し。

f:id:sho0621:20170211154958j:plain

 

 

 

お腹も膨れたので、地獄の冷水シャワーでささっと頭と足だけ洗い、すぐに就寝。

この日は昨日の疲れもあってか、ゆっくり寝ることができました。

三人部屋にぼく一人だったしねー。

次の日から街を散策し始めます。

 

次回へ続く!

 

 

 

あとがき:

インドへ来て二日、寝ることと食べることしかしてない・・・。

3日目くらいからこの国に慣れ始めるので、写真も増えてきます。

 

【旅行記】インド三週間一人旅その1〜初日から社長の家に転がり込む!?の巻〜

 

 

 

こんにちは、Shoです。

これから2/12-3/インド一人旅についてつらつらと書き連ねていこうと思います。

 

1/12-2/2 成田〜ニューデリー

 

正午に成田空港に到着。買った魚眼レンズを試してみました。

中々いいね。

f:id:sho0621:20170210104853j:plain

 

 

 

お腹も空いてきたので昼食を取ることに。

当分牛肉は食えないと思い、吉野家で牛丼大盛りを注文。

インドでは、宗教的な理由でビールもあまり好まれないそうな。

f:id:sho0621:20170210110154j:plain

 

 

 

 

 

14時頃、機内に乗り込み始めました。

まずは北京にトランジットのために向かいます。

中国国際航空北京経由ニューデリー行きの往復航空券で4万円くらいでした。

や、安い!

f:id:sho0621:20170210105008j:plain

 

 

 

機内食は中々美味い。

Kindleで本を読んだり、昼寝をしたりしてる内に無事北京空港へ到着。

f:id:sho0621:20170210105430j:plain

 

 

 

なぜか機内でネパール人の彼と仲良くなる。

旅感高まってきた笑!

f:id:sho0621:20170210110527j:plain

 

 

 

さて、次のフライトです。

機内乗り込みは19時くらい。夕食も機内食。これまた美味。

隣の席に座っているインド人の社長さんと意気投合笑

この時、インド人の胡散臭いイメージがなくなりましたね。

f:id:sho0621:20170210110919j:plain

 

 

 

そうこうしている内にインディラ・ガンディー空港へ到着。

けれど時刻は深夜3時。

疲労が溜まっていたので、特に感慨はありませんでしたw

写真も撮り忘れてます笑

 

 

 

この日は空港泊かなーと思っていると、なんと機内で仲良くなった社長の家に招かれました!

「危ないかな?」とも思いましたが、飛行機に乗れるほどの経済力だし、人柄も良かったし、何より疲れで判断能力が鈍っていたので承諾。

(今思えば、軽率だったとしか言えないw)

 

 

 

タクシーで彼のマイプレース(彼曰く)へと向かいます。

”グルガオン”という空港近くの都市にあるそうで。

IT企業のオフィスが立ち並ぶ光景に唖然。

「こんなのインドじゃない・・・。」

その近くにある住宅街の中に、彼の住んでいるシェアハウスがありました!

一部屋を自由に使わせてもらい、深いまどろみへと落ちていきます・・・。

f:id:sho0621:20170210111928j:plain

 

 

 

波乱万丈の幕開けでした・・・。

次回へ続く!

 

 

【つぶやき】プログラミングはスポーツより手堅いよね

www.businessinsider.jp

 

どうもShoです。

昨日読んだ記事が面白かったなぁ。

 

要は、年収や平均寿命を考慮に入れて、スポーツ選手よりもエンジニアの方が安定してるということです。

具体的な数値を出してるだけあって、非常に分かりやすい記事です。

 

そりゃそうなんですよねぇ。

AIやロボットの台頭なんて耳にタコができるほど聞いてますし、オバマ大統領も「プログラミングができれば、この先仕事に困らないことを保障しよう。」なんて言ってましたし。

たしかにアメリカでは、エンジニアが増えすぎて、賃金が低下、結局スーパーのレジ打ちに戻った、なんて聞きます。

が、日本ではまだまだ供給不足なんですよね。

IT系はブラックばかりなんて言われますが、待遇は良くなってくだろうし、それが嫌ならフリーランスでやってけばいいんじゃないですか?

 

まあそれこそ技術の発展で、労働集約型の単純労働はどんどん代替されていきます。

人間の仕事の半数はロボットがやることになると予測されていますし。

そう悲観的になることでもないんですけどねー。

人間はよりクリエイティブな仕事に時間と人員を割けるようになるので。

「遊びが仕事になる」ってやつです。

実際、人狼が仕事になってたり、ゲームで稼いだり、Youtuberが一般化してたりしてますもんねぇ。

 

ただ言えることは、プログラミングは手堅いですよw

需要はなくなりませんし、やってみるとそこまで激ムズでもないし。

エンジニア職にならなくても、学習の過程で身につく論理的思考は大切。

日常生活において、「これはムダなんじゃないか?」とか思うようになります。

そうやって常識を疑うことが、より便利な世の中に繋がります。

 

つまりなにが言いたいかというと、

これから先5年、10年はITを学んでおけば食っていけるだろうということ。

全然関係ない仕事の人も、一般教養として学ぶ時代ですからねぇ。

興味があったら、一ヶ月くらいスクールに通うのもありかと思います。

 

 

 

あとがき:

プログラマーはわりと手堅いよねぇ。

”安定”なんて言葉嫌いだけど、もし”安定”が欲しいのならありです。

やりたいことがあるならバランスは取るなって話

 

どうもShoです。

 

最近はもっぱらプログラミングの学習をしたり、世の中の動きを見てニヤニヤしたりな毎日。

いつも部屋に籠っているわたくしですが、SNSで旧友や同級生の近況を知ることができます。

そうやって見てて、ふと思ったんですが、

「大学は楽しんだけど、なんか違うんだよなぁ。」とか

「大学つまんない。毎日退屈。」とか

「就活どうしよー!?」とか

同じこと言ってるんですよねみんな、笑っちゃうくらいに。

 

その不安や不満が昇華してか、

「留学したい!」だの

「旅したい!」だの

言う人が、学年が上がるにつれ増える傾向にあります。

 

すっげぇ良いことじゃないっすか。

 

鬱憤や退屈な気持ちが転化して、”留学””旅”に気が向くのは素晴らしいことです!

大学がつまらないこと、もはや学問の府として機能していないこと、コスパ・時間の費用対効果が壊滅的に悪いこと。

それらは差し置いて、結果的にそういったやったことのないチャレンジに興味が出たのなら、どんどん行くべきです。

大学なんかよりも、得るモノは沢山あります。

 

けれど、そんなに何でもうまくいかないわけですよ。

口ではそう言っていても、結局行かない人たちが半数以上。

これは非常に残念な傾向です。

1ヶ月の短期留学でも、1週間の旅でもいいんです。

それをきっかけに、なにか新しいモノを見つけて、次のチャレンジにつながることもあるんですから。行かない限りは何も生まれません。

でも現実は変わらないんですよねぇ(;´д`)

なんで皆やりたいことがハッキリしてるのに、行動に移さないんでしょうか?

 

 


 

 

それは「バランスを取っているから。」

学業とのバランス。

そんな真面目に取り組んでるわけじゃないのに、「ほら、授業が忙しいからさ。」なんて言っている人たちは多いです。

そこまで忙しくないくせに。

 

周りの人とのバランス。

周りから浮かないように目立ったことはしないようにしよう、皆と同じことをしてれば安心、そんな若者ばかりです。

「それは君が選んだ選択?君の選んだ人生?」そう聞いてやりたい。

 

時間のバランス

「授業に出なくちゃいけないし、バイトに出なくちゃいけないし、友達と遊ぶ予定もある!」っていうタイプ。

やりたいって口で言ってるのに、体裁よく時間のバランスを取る人たちも多いですねぇ。

 

 

声を大にして言いたい。

 

 

”やりたいこと”があるならバランスを取るな。

 

それでもバランスを取ってしまうなら、それはそこまで”やりたいこと”ではないと自覚しろ。

 

こう言われて、悔しかったり、自分のことか?と思った方は、ぜひバランスを取っ払って、その”やりたいこと”だけに集中してみてください。

本当に”やりたいこと”があるのなら、それを一番大事にするべきなのです。

 

自分の心から欲してるモノに熱中すれば、絶対になにか見つかるし、なにより時間を忘れるくらい熱中できます。

そして、時間をかけて集中して取り組んだら、何でもモノになってきます。

逆に言えば、適当にバランスを取ったまま取り組んでも、何にもならないんですよね。

 

だから、もしあなたが”やりたいこと”を持っているならば(これは思い付きでも構いません。思い付きを大事に、心持は軽くね。)、まずは一点集中で取り組んでみてください。

 

 

旅がしたいのなら、この長期休みにすぐ出るため、今すぐ航空券を取る。

もしお金がないのなら、ヒッチハイクをして、日本各地を回る。

 

留学をしたいのなら、1ヶ月でもいいから、フィリピンなり、フィジーなりに行ってみる。

お金がなければ、「トビタテ留学ジャパン」を利用すれば、無料で行けることと思います。

 

そこには明確な理由も、プライドも、周りの目も、お金もいりません。

一番大事にして欲しいのは、”自分の気持ちに素直になる。”ということ。

 

ぼくたちは皆子供の頃、周りの目なんか気にしていましたか?

やりたいこと、欲しいモノは構わず言っていませんでした?

けれど、学校教育によって、段々と周りからの視線を気にするようになって、気づいたら当たり障りのないことばかりするようになってませんか?

 

いいんです、皆同じ悩みを抱えてますから。

まずは間違った常識に気づき、自分の頭で物事を考え、ムダなしがらみから解放されましょう。

そして、バランスを無視して”やりたいこと”に熱中するんです。

それこそあなたが幼い頃なんて、時間を忘れてゲームやスポーツに夢中になっていたと思います。

でも、そうすることでそれらが好きになったり、腕前が上がったりと変化が訪れます。

 

だから中途半端にしなくていいんです。

やりたいことがあるならバランスは取るな。

そうすれば、また新しい世界が見えてくるはずですから。

 

 

こちらも参考にしてみて~。

itodesu0621.hatenablog.com

 

 

 

あとがき:

「○○したいんだよなぁ」なんて言っている人が多すぎるので、思ったことを書きました。

そんなにやりたいことがハッキリしてるなら、全部それに時間割けばいいのに。

かくいうぼくも今はプログラミング学習だけ集中してやってます。

英語学習もやめて、焦点も絞り始めました。

そのくらい熱中しなきゃ、なにもかも中途半端に終わる、そんな風に思います。

 

【つぶやき】これからの方向性【独りよがり】

どうもShoです。

今回は完全に自分語りです。独りよがりです。

 

 

昨日、下書きなしで思ったことをつぶやいたので、全然まとまってないw

ということで、少なくともあと半年はまたレールを外れて奮闘しようかと。

まだまだ考えてる最中なので、変わる可能性もありますが、おそらくこれで行きます。

今後もよろしくお願いしますー!

 

あとがき:

て、手抜きや!

今日やる気がないことバレバレですねー笑